B-Teck!

お仕事からゲームまで幅広く

【雑記】30歳になりました。

前置き

去年の誕生日の記事(【雑記】29歳になりました。 - B-Teck!) を踏襲して適当に書こうと思います。

30代に突入しました。 この文章を書いているのはまだ前日なのでタイトルはある意味嘘なんですが。
ひとまずのところ30代を無事に迎えることができていそうです。

近況報告

昨年度末に大きなプロジェクトを終わらせてから、どこか消化不良な感覚を持ったまま暮らしています。
何がいいとか悪いとかではなく、仕事があまり楽しめていない…
かなり面白いことやらせてもらってたんで、その反動かなとも思います。
楽しい仕事ばっかりやってられるわけじゃないので、慣れないといけないんですけどね。

ここしばらくは急に別PJの大きめのリプレースを私一人に渡されてしまって、全然終わらないし、
ドメインエキスパートとの情報のやり取りに壁があるしでだいぶしんどい思いをしていました。
というか今もまだちょっと諸々やっていますが…。
【雑記】前に進むしかないという話 - B-Teck!
【雑記】だめでした - B-Teck!

社会人になって以来一番進め方が難しく、また結果もうまく行ってないなと思う案件で、どうしたらよかったのかと考えていたんですけど、この記事を読んで弱音を吐けなかったのが一番良くなかったのかな、なんて思い始めました。 note.com

実はこれまで、どうにか終わるだろうみたいなレベルのものしか渡されてこなかったんですよね。
でも、どう見ても終わらなそうなタスクについては、適切に弱音を吐いて、どうならやれそうかって進めていかないと、終わるか死ぬかの二択になっちゃうんだなって学びました。
今回については家族に多大なる負担をかけている状態でやっていたので、案件から離れたら誠意を込めてお返しをしていきたいと思ってます。

あ、あと、昨年ついにブログのPVが累計50万を超えたんですが、秋のGoogleアルゴリズムアップデートで大きく順位を落とし、月間PVも1万前後とかなり下がっちゃいました。
まぁほぼ趣味でやっているんですが、せっかくなら多くの人に読んでもらえるようにしていきたいので、またコツコツやっていきます。

20代振り返り

20代を振り返ると、なんだかんだで色々あったんですよね。

* 死ぬほど怠惰に過ごした学生時代  
* 就活をサボってたせいで滑り込みで入社したブラックなSES  
    * そこで経験した様々な炎上
* 母親の死
* 結婚
* 仕事の中で技術に興味を持ち、より技術を深めるために転職
    * 現職でも様々な炎上は経験していますが…

結婚の話はなんか気恥ずかしくてブログに書いてなかったんですけど、それ以外の人生の転機は意外とちゃんとブログに書いててびっくりしました。

せっかくなので書いておくと、妻は自分が無茶言ってもなんだかんだ受け入れてくれて、好きにやらせてくれて、待っていてくれる感じの人で、こう相性合う人がいてよかったなぁって思ってます。

これから

20代、振り返ると実は技術的にも人間的にも大きく成長できているんだなぁって感じでした。
もちろんまだ未熟なところは多々あるものの、年齢を壁に学ぶのを止めたりせず、これからもガンガンやって吸収していきたいです。
昨年と同じ結びではありますが、この記事を見て頂いてる方々と結ばせていただいたご縁と共に、また一年頑張っていこうと思っています。
引き続きいろいろご迷惑をおかけすると思いますが、仲良くしてくださいね。

【雑記】だめでした

近況

4~6月期の目標立てるような状態でもないのですが、なんか投げっぱなしもあれなのでとりあえず現状報告の記事を書きました。
うちの会社も世間の流れに漏れず在宅勤務になっているんですが、通勤の辛さがなくなるのはいいですね。
仕事の辛さは無くなりませんが。
直近で恩師、というか尊敬していた一緒に仕事のしたことある人が二人も辞めてしまうという現実を目の当たりにし、打ちひしがれています。
一緒に働きたいと思ってる人がバシバシ辞めていくので、寂しさがあります。もちろん辞める人だけがそうであるわけではないですけど。

ここからだめだったはなしです。

【雑記】前に進むしかないという話 - B-Teck!
これで言ってた案件がどう考えても終わらない分量だったので突き抜けて今月もやってます。
だいぶメンタルがやられている中でヘビーな要件を設計・実装に一人で落とし込んでおり、正直先週あたりは記憶がおぼろげです。
なんとか実現の光が見えてきたのですが、そのためには後2週間でほぼ実装しきらねばならず、苦しい。
5月頭の連休は休める予定なのでいっぱい寝たいです。

【雑記】2020年の目標 その1 - B-Teck!
年末から始めてたよさげな生活習慣(運動・睡眠・食事・水分摂取等)はことごとく破壊され、歩数とtogglによるトラッキングのみ継続しています。
とはいえ毎日8000歩も歩いていると在宅勤務でもだいぶマシですね。

色々と息苦しい昨今ですが、4月末までなんとか走りきりたいと思いますので、またお会いしましょう。

【MySQL/Docker】docker-composeでMySQL5.7のイメージを作成して接続する備忘録

参考にした記事

本記事はこれらの記事を参考に自分でDBを構築してみた作業メモとなります。
不明点があれば、下記の記事をご覧いただくことで解決するかもしれません。

環境

macOS Mojave 10.14.6  
Docker version 19.03.5, build 633a0ea  
docker-compose version 1.25.4, build 8d51620a  

最終的なプロジェクトのディレクトリ構成例(MySQLの場合)

今回は下記のようなプロジェクトを作成することを目標とします

sample-project/
             ├ docker/
             |       └ mysql/
             |              ├ conf.d/
             |              |       └ my.cnf
             |              ├ initdb.d/
             |              |       ├ data.csv
             |              |       ├ import.sh
             |              |       └ ddl.sql
             |              └ Dockerfile
             └ docker-compose.yml            

インストール

  • docker for macをインストール
    docker, docker-compose, docker-machineなどが同時にインストールされる
$ brew cask install docker

Dockerfileを作成する

Dockerfileにimageの内容を記述することでそのとおりのimageが作成される
MySQL 5.7のimageを作成するには下記のように記載する

FROM mysql:5.7
RUN touch /var/log/mysql/mysqld.log # 指定の場所にログを記録するファイルを作る

docker-compose.ymlを作成する

プロジェクト内に含んでいるServiceのportやvolumeなどの設定を行うことができる。

version: '3.3'
services:
  db:
    build: ./docker/mysql
    image: mysql:5.7
    restart: always
    environment:
      MYSQL_DATABASE: sampledb
      MYSQL_USER: user
      MYSQL_PASSWORD: password
      MYSQL_ROOT_PASSWORD: mysql
    ports:
      - "3314:3306"
    volumes:
      - ./docker/mysql/initdb.d:/docker-entrypoint-initdb.d
      - ./docker/mysql/conf.d:/etc/mysql/conf.d
      - ./log/mysql:/var/log/mysql

my.cnf(MySQLの設定ファイル)を作成する

[mysqld]
character-set-server=utf8mb4                # mysqlサーバー側が使用する文字コード
explicit-defaults-for-timestamp=1          # テーブルにTimeStamp型のカラムをもつ場合、推奨
general-log=1                              # 実行したクエリの全ての履歴を記録
general-log-file=/var/log/mysql/mysqld.log  # ログの出力先

[client]
default-character-set=utf8mb4               # mysqlのクライアント側が使用する文字コード

initdb.d配下配置したスクリプトでDBの初期化を行う

https://hub.docker.com/_/mysql/

Initializing a fresh instance When a container is started for the first time, a new database with the specified name will be created and initialized with the provided configuration variables. Furthermore, it will execute files with extensions .sh, .sql and .sql.gz that are found in /docker-entrypoint-initdb.d. Files will be executed in alphabetical order. You can easily populate your mysql services by mounting a SQL dump into that directory and provide custom images with contributed data.

公式イメージは /docker-entrypoint-initdb.dに.sqlや.shを置いておけば初回起動時に実行 してくれる。
今回はdocker-compose.ymlのvolumeに ./docker/mysql/initdb.d:/docker-entrypoint-initdb.d を記載しているので、 /docker/mysql/initdb.d にリソースを配置する。

初期化処理でテーブル作成

  • 初期化用のDDLを配置
mysql/initdb.d/
            └ ddl.sql
  • ddl.sql
CREATE TABLE users (
    name VARCHAR(32) NOT NULL,
    email VARCHAR(32) NOT NULL
);

初期化処理でテストデータimport

  • 読み込み対象のcsv等と、それをimportする.shを配置
mysql/initdb.d/
            ├ data.csv
            └ import.sh
  • data.csv
exam taro,xxxx@mail.co.jp
  • import.sh
mysql -uroot -pmysql --local-infile sampledb -e "LOAD DATA LOCAL INFILE '/docker-entrypoint-initdb.d/data.csv' INTO TABLE users FIELDS TERMINATED BY ',' ENCLOSED BY '\"' LINES TERMINATED BY '\n'"

プロジェクトのルートでdocker-composeコマンドを実行

今回の場合は sample-project/ 配下で実行します。

$ docker-compose up # コンテナを作成しスタートする
$ docker-compose ps # コンテナの状態を確認

各種コマンドメモ

  • up
    docker-compose.ymlで定義したサービスを開始または再起動する
  • run
    service名を指定して特定のサービスのコンテナと依存するコンテナを起動する
  • start
    既に作成済みのコンテナを再起動する
  • stop
    サービスを停止させる
  • down
    コンテナの停止、削除、さらにネットワーク、記憶領域を全て削除
  • ps
    存在するコンテナのリストを表示する

起動したMySQLに接続

コンテナ内からDBにアクセスできることを確認

$ docker exec -it sample-project_db_1 bash # sample-project_db_1コンテナでコマンドを実行
# mysql -u user -ppassword sampledb # 作成したmysqlにログイン
mysql> show tables; # テーブルが作られているか確認する
mysql> select * from users; # 仕込んだデータが入っているか確認する

ホスト名 ポートを指定してログイン

  • docker-compose ps でIP、portを確認
$ docker-compose ps
       Name                   Command            State            Ports         
--------------------------------------------------------------------------------
sample-project_db_1   docker-entrypoint.sh       Up      0.0.0.0:3314->3306/tcp,
                      mysqld                             33060/tcp              
  • 確認したIP, portをそれぞれhost、portに指定してログイン
$ mysql --host 0.0.0.0 --port 3314 -u user -ppassword

IntelliJやSQL Clientから接続する

GUI環境から接続する際には、ターミナル上で確認したhost名ではなく 127.0.0.1 を指定して接続する必要があるよう f:id:beatdjam:20200305114734p:plain