B-Teck!

お仕事からゲームまで幅広く

【雑記】人に教える

職場にインターンが来ており、何の因果か比較的関わりが多い立ち位置になっている。
よくよく考えてみると仕事の中で経験の浅い人に何かを教えるという経験をあまりしてこなかった。
インターンが終わる頃にはよりよい向き合い方があったなと思ってるかもしれないけど、いい機会なのでどういうことを意識しながら向き合っているかを残しておく。

前提知識を確認する

わかること、わからないことの前提を最初に聞く。
肌感的に、わからないことよりわかることをより細かく聞いておくと良い印象がある。
何もわからないなら最初から説明すればいいけど、部分的に知識がある場合は説明の中で意識せず端折ってしまって理解が進まないことがあり得る気がする。

優先して話を聞く

予定がある場合や優先度が高いタスクのある場合を除いてなるべくいつでも会話できる状態にしておく。
すぐに対応できない場合は「誰に聞くとわかる」や「ここを調べると良い」のポイントを伝える。
合わせて「いつ頃なら会話できるか」を伝えるとより安心感を与えられると思う。
いつでも聞いてもらえるという安心感がないと質問が出づらいし、特に最初のうちはかなり丁寧に会話できるとよい。

会話中の反応をよく見る

1対1、あるいは複数人のMTGで行われる会話の途中で、反応や発言を観察する。
質問や意見が出てこなかったり、相槌とかを打っていなさそうであれば、不安や理解不足があるかもしれないので声をかけたり、その人が理解の深まるような話の回し方をしてみる。
(ここの説明必要じゃないですか?とか、ちゃんとわかった?とか聞いてみるとか)

理解度を逐次確認する

伝えたり、教えたりするとき、話題の切れ目切れ目で立ち止まって理解できているか、話している内容に付いてこれているかを確認する。
もし理解できていなければ部分的、あるいは全体を通した要約をつたえて、内容を反芻してもらった上で改めて説明を続ける。
先に理解が必要そうな内容があれば、流れを切って先にそちらを説明してから本筋に戻ったり。

理解が浅そうなら言い方を変えて何度でも説明する

説明をするとき、一度説明して伝わっていなさそうなら、言葉を変えたり、例えるものを変えたりしてみる。
相手にこういうたとえならわかるか?と確認しながらやれるとよい。

初めて接したかもしれない単語や文脈を丁寧に説明する

自分や周囲の発言で、独自の概念や文脈のある会話がなされていないかを意識する。
もし見つかればその会話の前提を知っているか確認し、知らなければ説明する。

課題を一緒に整理して、実行は任せる

大体情報量に溺れているので、会話をしたりステークホルダーを捕まえながら一緒に情報の整理を行う。
逐次本人に内容を説明したり、理解してもらいながらすすめる。
その上で、具体の実行タスクまで落ちてきたら一つずつ本人に実行してもらう。

ほめる

なにか理解が進んだり、説明できたり、実行できたらかならずほめる。
自分自身も一緒に喜べるとなお良い。

おわりに

ここまで書いて、別にチームメンバーだろうと同じようなことしてるし、丁寧に接すれば他は何でも良いのではというきがしてきた

【ふりかえり】2022年7月

前回のふりかえり
【振り返り】2022年5月 - B-Teck!

先月はやらなかったので二ヶ月分。

学習

6月

ブログ

7月

ブログ

書籍

勉強会

やったこと

6月

7月

ゲーム

  • ゴーストオブツシマ
  • Stray
  • Ghostwire Tokyo

所感

6月以降、なんだか疲れることが多くて色々なことがサボリ気味になっていた。
Write Code Every Dayが義務的になって適当なコミットになったりしていて、思い切って7月いっぱいまでは"頑張らない"をモットーに過ごした。
十分に趣味の時間を取るようにしてみたところ割と回復してきたので、最近はちょっとRubyのチュートリアルを触ってみたりしている。

この期間中に読んだ Obsidianでつなげる情報管理術 は良い本で、雰囲気で使っていたObsidianの使い方を改めて考えて、新しいVaultを作ったりもした。

7月に参加した リーダブルなテストコードについて考えよう - connpass がめちゃくちゃ参考になり、チームでもQAを巻き込みながらテストについて考えられないかという議論が発生したりしていて良い。

入社1年のふりかえりの記事を書いたけど、改めてふりかえると、最初は何もわからなかったけど、当時と比べてだいぶ知識は増えたんだなという感想を持った。
これからも疲弊しない範囲できっちり学習は続けていくべきなので頑張ろう。

【雑記】良いチームであるために

「良いチームである」とは

今自分が働いているチームは非常に良いチームだと思っている。
これは、自身が感じる「良いチーム」のどういう状態なのか、を改めて言語化する試み。
理由について大別すると以下の3つに分けられる気がする。

  • 認識の共有
  • 心理的安全性
  • トラックナンバーの高さ

それぞれ、掘り下げて考えてみる。

認識の共有

1つ目は認識の共有。
「我々はなぜここにいるのか」とか、「何を目指すのか」という部分。
つまり、向かうべき場所と現在地のギャップの意識が大まかに揃っている必要がある。
この前提が揃っていると、議論が発生しても結論がちゃんと導かれる。
また、チームがコミットしたことに対しての意識が発生するため、相互扶助が機能しやすい。

心理的安全性

2つ目は心理的安全性。
メンバーがHRT(謙虚/尊敬/信頼)の精神を持っていることと言い換えても良い。
失敗を批難せず、問題点を敬意を持って議論できる状態。
心理的安全性が保たれている場合、メンバーが意見や懸念を表明しやすくなる。
結果、より積極性が高く、挑戦し、自ら改善できるチームへと成長できる。

トラックナンバーが高い

3つ目。これだけ粒度が違う気もするけど、「トラックナンバーが高い」というのを上げてみる。
トラックナンバー ‐ 通信用語の基礎知識

つまり、業務状況や認識の共有が適切に行われている状態。
メンバーが自律的に状況や優先度を判断して動くことができるので、業務が止まらない。
それぞれが状況を把握し、小さい助け合いを重ねることで連帯感を高められる。

「良いチーム」になるために

こういうチームってどうしたら作れるんだろうと考えたときに、2つの選択肢が浮かんだ。
1つはメンバー全員で高い壁にぶつかって苦しみ、乗り越えた連帯感を得ること。
もう1つは組成から丁寧にカルチャーを作っていくこと。
いずれにせよ、空気というものは一度醸成されれば壊れにくい。
最初に良い文化を形成できれば、メンバー増減があっても継承されやすい。

一度みんなで苦しむ

これは正直書いててむちゃくちゃだなとも思うけど、同時に確実に効果があるな、とも思う。
全員が状態を把握しないと終わるような極限状態で、全力で目の前のことを終わらせるために協力する。
そういう体験は、急ごしらえのチームに一体感を持たせる効力がある。
ただし、HRTの精神を持ったメンバーが少ない場合は単純に苦しかっただけで終わる。

最初に方向性を規定し、改善していく

一般的にはこの戦略が取られると思う。
チームのビジョン、ミッション、バリューや行動規範を最初に定め、認識を共有する。
定めたものは継続してメンテし、チームとしての在り方を常に改善していく。
規範を外れるメンバーに対しては是正、あるいはチームから抜けてもらうなどの必要があるかもしれない。

おわり

最高のチームに出会えて最高になれました。
正直全然関連書籍読んでないし調べてもないのでだいぶ適当言ってます。
最高のチームの作り方の本とか、事例とか、うちはこうやってるぜ!みたいなのがあったらなんかいい感じに教えて下さい。